臭いの原因と予防について

加齢臭の原因

加齢臭と聞くと、思わず顔をしかめます。また、中年男性を思い浮かべることもあります。その臭いは油の腐った感じ、青チーズ、古い本の臭い、ろうそくのロウの臭い・・・などとたとえられています。
 加齢臭の原因は、通常の体臭とは異なります。通常の体臭は、発生するのが主に汗腺で、汗と皮膚表面の雑菌が原因です。それに対し、加齢臭は、皮脂腺が発生する主な場所であり、皮脂の酸化、分解によって発生する「ノネナール」という物質が原因です。ノネナールは、若い人にはほとんど検出されません。年齢とともに脂肪酸が増加し、この脂肪酸がノネナールの増加に結び付いています。また、男性の方が女性に比べ加齢臭を感じます。それは、男性の方が汗をかきやすく皮脂の量が多いので酸化してノネナールが出やすくなります。肉類中心の生活をしている人もそうでない人に比べ、汗をかきやすいので出やすくなると考えられます。
 予防としては、食習慣、生活習慣をあらためることがあげられます。喫煙しすぎない、肉類中心の食生活はひかえる、運動をするという事が大事です。食生活では、体が酸化されるのを防ぐためにビタミン類や食物繊維を多くとるようにすると良いでしょう。また、ストレスによってもノネナールは増えます。ストレスを感じると、血糖値があがることがあり、体の中の活性酸素が増加します。それにより、皮脂の酸化が進み、過酸化脂質が増えてしまいます。ストレスをうまく逃がし、上手に付き合っていくことが大切です。
 衣服類や靴を清潔に保つことも重要です。また、お風呂にゆったりと入るのも良いでしょう。皮膚の表面には無数の毛穴が存在しています。この毛穴の奥に皮脂腺はあり、そこから皮脂を分泌しています。余分な皮脂を汗とともにじっくり出すことによって洗い流すことができます。
 人それぞれ生活習慣も違うので、自分はどうだろうかと、臭いの原因と予防法をみつけ、対処していく必要があります。

 

加齢臭について